カクイ株式会社

ホームエコサプライ>カクイオイルキャッチャーの特長

天然繊維高性能油吸着材 カクイオイルキャッチャーの特長

天然繊維メーカーカクイが開発した天然繊維高性能油吸着材カクイオイルキャッチャーの特長をご紹介します。

1.すぐれた吸着力!!

重油などの浮上油に対して自重の約30倍以上の吸着力があります。
特に高濃度、高粘度の油に対して有効です。


 ※カクイオイルキャッチャーは、油だけでなく有機溶剤、有害液体物質に対しても有効です。

2.水中混入の油だけを吸着!!

油水混合系から水分を吸わず油を優先的に吸着しますので、油水分離槽、側溝等に最適です。


3.エコ素材(廃棄時の環境負荷が少ない)

吸着量がポリプロピレン製の約3~4倍の為、ゴミ発生量が約半分以下に、また、原料が天然繊維主体である為、廃棄後の焼却熱量が半分(ポリプロピレン製=約11,000cal/g、カクイ5,500cal/g)で、地球温暖化の要因となる燃焼時のCO2排出量もポロプロピレン性の約半分以下です。


4.大幅なコスト削減!!

吸着力に優れているので、少量で大きな効果を上げることができ、低コストを実現します。


5.抜群の保持力!!

中空繊維の為、繊維の中に油を取り込み、回収の際、吸着した油のしたたりが少なく2次汚染を防ぎます。


6.作業効率も向上!!

天然繊維主体の為、柔軟性に優れており、あらゆる場面に対応します。
また経年劣化しにくい製品です。


↑ PAGE TOP



吸着量の比較


油の種類別(製品1gあたりの吸着量)

  

有機溶剤の種類別(製品1gあたりの吸着量)

  
※カクイオイルキャッチャーは、油だけでなく有機溶剤、有害液体物質に対しても有効です。

このほか、石油系の鉱物油、動物油、植物油にも、すぐれた効果を発揮します。

●吸着測定方法・・・20度の油面に5分間浮かべ、さらに金網の上に5分間放置した後で測定。
●国土交通省型式承認の油吸着材性能試験基準による規定・・・B重油で6g/g以上。

※適切でない使用方法や水中に界面活性剤などが混有している場合には、吸着量が異なることがあります。


カクイFacebookページ

Facebookページ

↑ PAGE TOP